ぱすたゆかもしれない

from time to time

2017-07-24から1日間の記事一覧

不思議の

コップに注がれるあなたとの歪んだ血液 最後まで飲んでくれたのは、いつかの幼かったチェシャネコ 背が伸びるにつれて下と上の感覚が麻痺していった 距離が分からないまま手をつないで歩いた昔の恋人との道 華は満ちていき何もかもが新鮮に思えて あなたの目…

見えてるもの

心につけたクレパスの全部の色それを全部塗りつぶした幼少期いつからか白と黒の狭間を探している完璧な返答の脳が確信的な色あたしが赤だと見えていても白と黒だったりするあたしが白と黒のと見えていても赤だったりもする好きな人が視界に入ればそれが見え…

手紙

永遠を確かめるそんなものに執着はしていなかった永遠なんて今その人が抱えている幻想認知してしまったら永遠を探してしまうそうなってしまった見つけてももし相手が永遠の優達を持って居なかったら消えていく今世の優しさどうしよう永遠を持っている人いた…

彷徨っているのは複雑な迷路のゴールの手前の厨二病患者ハードルが高いゴールを飛び越えてもそんなの簡単に出来る夢を叶えたらまたハードルが高い夢が出てきそうな気がしてそんなに夢に関しても崇拝的になっても目をつぶって世かった記憶を辿ると笑いあえる…

コインロッカー

また大事な季節を見過ごしている 強がるたびに季節の節目であたしはあなたの悲鳴を通り過ぎていく 聞こえてくるのは都合に合わせてくれる優しい弱くて強い雪崩の音の結晶 その冷たさに埋もれながら待っていてもあなたは自信が無いからあたしの手を温める事が…