ぱすたゆかもしれない

from time to time

手紙

永遠を確かめる

そんなものに執着はしていなかった

永遠なんて今その人が抱えている幻想

認知してしまったら永遠を探してしまう

そうなってしまった


見つけても

もし相手が永遠の優達を持って居なかったら

消えていく今世の優しさ

どうしよう


永遠を持っている人

いたとして

その自我の目的があたしと噛み合ってなかったら

永遠を責め続けるだろう


同じ事が繰り返されているジレンマ

あの時特別扱いされたデジャブ

どちらもその瞬間にあなたはいた

あなたは足りないなら与えてくれると木ノ実を食べさせ続けたけれど

木ノ実の味は夏の風を知らせてくれる風鈴と一緒に居心地いい世界にしてくれた


でも誤算があった

独り占めするための代償が


そしてまたさらに誤算があった

君は誰よりも現実を受け入れて、何度もうなだれていたという事

多分様々な事を諦めてきたと思う。

諦めないと君は自分を保てないから。

あたしに関して諦められなかった理由を紡いで欲しい。

君の自我が納得するまで話し続けてくれたら君は永遠の眠りにつけるのかな。


我慢が出来なくなり独り占めをしてしまい、鳥が運んでくる手紙みたいに想いを心に溶かし始めた。


ごめんなさい。


きっと距離を計りながら、手紙はまだポストの中にいれとく。


だって君はもう永遠に何度も涙しているだろうし。

便箋に君の気持ちをいつか書いてあげるね。