ぱすたゆかもしれない

from time to time

ハチャトリアン

エレクトーンの響き、嫌いじゃないむしろ大好き

あなたの泣きさげぶ音響の響き

いつも傍にいてあげたかった

リズムが包み込んでくれるオブラート

もっとぐいぐいきていいんだよ

 

肩書きなんて、そこで好きになられたって

音符を駆使している通りすがりのある人は

地平線を眺めながら名も無い金剛に音符を加える

著作権、何百年たったから無効だよ

あなたが行くところは向こうだよ

 

覚束ない足を笑われたって

ハチャトリアンの創ったうた、何回聴いてもその時の光景を想い出す

「いなくなった少年が、また覗いてこっちを見ている」

何も無くても、何も出来なくても君の痕跡を辿ればオアシスにでもいける

オアシスという幻想

「またね、また近いうちにね」

そう言って去っていく後ろ姿に包み込む健常の線を

 

ここはきっと海と砂漠の狭間

ずっとあたしを見つめていたのはアイルランドの歌声

 

雲が繋がっているなら、雲にまたクレパスで色を塗って同じ色を堪能できたら

官能的な身体の演奏

だから泣き叫ぶ音響にまた音を足す

「近いうちって、あなたにとって近いのは数十年後」

待てるよ。

早く正気に戻って、あたしを射止めて。